So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

<阿久根市長>報告会に乱入 反市長派議員に「ばーか」(毎日新聞)

 開会中の3月議会に出席を拒んでいる鹿児島県阿久根市の竹原信一市長(51)が29日夜、反市長派議員による議会報告会に“乱入”。議員らに「市政には参加させない」などと言い放ち、議員らと一時もみ合いになった。

 報告会は市長宅から数十メートルの公民館であり、反市長派議員10人と約80人の市民が参加した。市長は開始前、「反対派がうそを言うかも」と、出席理由を説明していた。

 報告会で議員から市長の出席拒否を非難する声が出ると、市長が突然マイクを握り、市職員の高給批判など自説を展開。ヤジを浴びながら約5分間話し続け、壇上の議員に「あなたたちは市政に参加させません」と言い放った。帰り際に市長が議員を「ばーか」と罵倒(ばとう)したため、もみ合いになる一幕もあった。

 竹原市長は今月4日以降、本会議と予算特別委員会の出席をすべて拒み、委員会では一部の課長に答弁拒否を命じるなど混乱が続いている。【馬場茂、福岡静哉】

【関連ニュース
阿久根市長:「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る
阿久根市長:司法との対決姿勢、広報紙で鮮明に
阿久根市長:賃金未払い 地裁支部が市の口座差し押さえ
阿久根市長:「不信任出せ」議員を挑発 課長には答弁禁じ
阿久根市長:毎日新聞など5社を名指し批判 議会出席拒否

「盗み聞き」不倫の証拠に、大阪高裁逆転判決(読売新聞)
<東武ワールドスクウェア>ミニでものっぽ「スカイツリー」(毎日新聞)
事実関係を確認する=中井氏の週刊誌報道−官房長官(時事通信)
<脅迫文>兵庫県庁と神戸朝鮮高級学校に 高校無償化巡り(毎日新聞)
<通天閣ロボ>大阪PR「どこでも行くで」(毎日新聞)

ヴィンチェンゾ・ナタリ『SPLICE』ワーナー配給で全米6月公開決定!

CUBE』『カンパニー・マン』のヴィンチェンゾ・ナタリ監督のSFホラー、『SPLICE』の全米公開がサマー・シーズンの6月に決定した。BOX OFFICE MOJOによると、『SPLICE』はワーナー配給で6月4日に全米公開される。既報通り『マトリックス』『スピード・レーサー』の名物プロデューサー、ジョエル・シルヴァーがこの作品に惚れ込んで、彼がロバート・ゼメキスと共に設立したジャンル映画専門の製作会社ダーク・キャッスルが配給権を獲得。宣伝費とプリント代に3,500万ドルから4,000万ドルを投じるというビッグな契約が成立した模様で、全米で3,000館以上の拡大公開となる。昨年の『パラノーマル・アクティビティ』に続く大ヒット・ホラーになるのではないかとアメリカの映画メディアは注目している。日本もワーナー配給で公開となるか?!ヴィンチェンゾは現在、SF作家J・G・バラードの原作を基にした『ハイ-ライズ』や、イギリスでベストセラーとなったSFファンタジーの映画化『トンネル』など多数のプロジェクトを同時進行中!(小林真里)■関連記事ヴィンチェンゾ・ナタリ次回作はポスト・ハリポタ映画?ダークキャッスルがヴィンチェンゾ・ナタリ新作『SPLICE』配給権獲得か?ヴィンチェンゾ・ナタリ監督新作SFホラー『Splice』、シッチェス映画祭でプレミア決定!

握り心地ふんわりでも、トガり続けるシャープペン

"三菱鉛筆から、文字を書くたびに芯が回ってトガり続ける「クルトガエンジン」を搭載したシャープペン「ユニ アルファゲル」が登場"  三菱鉛筆は、グリップ部分にやわらかいゲル状の衝撃吸収素材α-gel(アルファゲル)を採用したシャープペン「ユニ アルファゲル」シリーズに、文字を書くたびに芯が回ってトガり続ける「クルトガエンジン」搭載タイプを追加し、3月17日に発売する。価格は892円。 三菱鉛筆によると、シャープペンのヘビーユーザーは中高生。新製品では、ユニ アルファゲルによる“癒されるにぎり心地”とクルトガエンジンがもたらす“細い文字が書ける筆記性能”を両立させた。 同社が開発したクルトガエンジンでは、芯先に装備された3つのギアが連動し、1画書くたびに芯が9度回転し、40画で1周することで、常にシャープな書き心地を実現する。一方、αゲルはタイカが開発したゲル状素材で、ユニ アルファゲルではシリコンゴムで挟んだ三層構造の「ゲルサンドグリップ」を採用している。 芯径は0.5ミリ。シルバー軸にブラック、ブルー、レッドのゲルサンドグリップを装着したスタンダードカラーと、ホワイトのグリップにターコイズ、ラベンダー、ノーブルピンクの軸を装着したノーブルカラーという2ラインアップ6色を用意する。【岡田大助】■関連記事芯先を円錐形に保つ――三菱鉛筆が“回転”シャープペン「クルトガ」発売「早川式繰出鉛筆」から「クルトガ」まで“回転”シャープペン「クルトガ」に高級モデル、小窓付きで回転実感女子向けにも回転シャープペン、三菱鉛筆がピンク色のクルトガ限定版【三菱鉛筆】に関連する最新記事

一青 窈 ニューアルバムは架空の街『花蓮街』が舞台

写真拡大 “新歌謡(進化窈)”三部作の完結編『冬めく/花のあと』を2月24日にリリースした一青 窈から、新作情報が到着。4月21日に約2年ぶりとなるオリジナルアルバム『花蓮街』を発表することが明らかになりました! 昨年秋から今年にかけて前述の新歌謡三部作をリリースする一方で、着々と制作されていった本作。その内容はタイトルに掲げられた架空の街『花蓮街』を舞台に繰り広げられる13曲のストーリーが収められています。今回のアルバムについては、「寄り道は人間の幅を広げます。そんなふうにこのアルバムであなたを迷子にすることが出来たら嬉しいです。そしてあなたが思わぬ運命に 出会えることを期待して“花蓮街”を贈ります」とコメントしている彼女。また、初回限定盤には【「一青窈 premium acoustic tour' 09 produced & performed by 武部聡志 × 小林武史」 at 東京厚生年金会館】などを収めた、ライブDVDも付属される予定です。 5月22日からは本作を携えての全国ツアーも決定していますので、こちらも併せてチェックしてみて下さい!◎アルバム『花蓮街』2010.04.21 RELEASE[初回生産限定盤]FLCF-4317 3,500円(tax in.)[通常盤]FLCF-4318 3,000円(tax in.)収録曲:01.〜壁の向こう側〜(インタールード)02.メイク03.coup d'etat04.確信犯05.ウラ・ハラ06.Dolce07.ほおずき08.上の空09.サイコロ10.Final Call11.冬めく12.ユア メディスン13.凧揚げ14.〜壁のこちら側〜(インタールード)15.うんと幸せ◎ツアー【一青 窈 CONCERT TOUR 2010】05.22(土) ハーモニーホール座間05.24(月) 仙台市民会館大ホール05.29(土) 大分iichikoグランシアタ06.05(土) 大宮ソニックシティ 大ホール06.12(土) 福岡市民会館06.13(日) 岡山市民会館06.20(日) 広島アステールプラザ 大ホール06.27(日) 愛知県芸術劇場 大ホール07.04(日) 神奈川県民ホール07.08(木) 大阪国際会議場 メインホール07.10(土) 昭和女子大学人見記念講堂<[NEWS] 一青 窈 東京タワーで新作やSalyu『Tower』などを披露!>http://www.hotexpress.co.jp/news/100224_hitotoyo/<[NEWS] 一青 窈 映画「花のあと」主題歌&「BANDAGE バンデイジ」挿入歌など収録の新作をリリース!>http://www.hotexpress.co.jp/news/100113_hitotoyo/<[NEWS] 東方神起の作詞も手掛けているラムジ 2010年JRAブランドCMソング決定!>http://www.hotexpress.co.jp/news/091207_lambsey/<[NEWS] 一青 窈のツリー点灯式&スペシャルライブにファン涙!>http://www.hotexpress.co.jp/news/091113_hitotoyo/<一青 窈 オフィシャルサイト>http://www.hitotoyo.ne.jp/

上海−杭州間にリニア、全長165キロ・14年完成―中国

写真拡大14日、中国鉄道部の鄭建・総計画師は、上海杭州間のリニアモーターカー建設事業が許可されたことを明らかにした。写真は上海市内のリニアモーターカー路線・上海浦東空港線。 2010年3月14日、中国鉄道部の鄭建・総計画師は、上海−杭州間のリニアモーターカー建設事業が許可されたことを明らかにした。中国紙・新京報などが伝えた。報道によると、国の「中長期鉄道計画」中、リニアモーターカー路線は唯一、同区間が認められた。現在、建設に向け準備が進んでいるという。【その他の写真】延長距離は約165キロメートルで、2010年に着工し14年の完成を目指す。中国では現在、上海浦東空港線(31キロメートル)が運行している。(翻訳・編集/東亜通信)【関連記事】・「リニア建設に問題なし」との報告書、健康被害を不安視する住民は反発―上海市・<続報><リニア>住民運動の新たな形、「集団散歩」で建設に反対―上海市・<中国製品>「パクリ」じゃないリニアモーター車両、4月に堂々完成―中国・初の国産リニアモーターカー、量産準備整う―中国・リニアモーターカーをマレーシアへ初輸出か―中国

元衆院議員、藤沢市長の葉山峻氏が死去(産経新聞)

冬に貯めてしまった“アレ”を落としましょう!<前編>

写真拡大夏に慌ててダイエットするのではなく今から始めて、正しく無理のないダイエットを心がけましょう 冬も終わりに近づき、春がもう目の前までやってきて、気温もだんだんと暖かくなってきました。服装も冬物から春物へと変わっていきますが、その時に気になるのは冬の間に貯めてしまったアレ……、そう余分な脂肪たちです。夏に慌ててダイエットするのではなく今から始めて春、そしてその先に待つ夏に向けて引き締まったボディーを目指しましょう。冬場は寒いので休みの日は外に出るのが億劫に、あまり体を動かさずに過ごしてしまう日は多くなかったですか?また、家にずっと居るから何かしら口に入れてしまい一日中物を食べてしまったりしていませんでしたか?冬場は厚手のコートを着るため、多少体重が増えても見た目にはわからないのでいつも以上に食べてしまったりする人も少なくないようです。寒いと人間の体はいつも以上に体に脂肪などを貯めこもうとし、余計太りやすくなる性質があります。いつもより食べているのに、いつもより動かない。これではいつも以上に脂肪などが付きやすくなってしまいますよね。さっそく、冬の間にためてしまった余分な脂肪を無理して落とすのではなく健康的に楽しく減らしていきましょう。みなさんはダイエット=食事量を減らす、と考える方が多いと思います。もちろん食事をいつもより少なくすれば1日の所要カロリーよりも少なくなるので体重自体は落ちやすいと思います。しかし、それは間違ったダイエットなのです。食事を減らして体重が落ちた場合、減っているのは脂肪ではなくほとんどが筋肉なのです。食事が減ったことにより筋肉の材料であるタンパク質の量も減ってしまい、筋肉量が落ち、体重が減ってしまうというわけですね。筋肉は人間の体の中で一番カロリーを消費してくれる所。その筋肉が減ることにより、代謝が悪くなり、食事の量を前の量に戻しただけでも、以前のようにカロリーを消費してくれるわけではないのでリバウンドしやすくなり、前以上に太りやすい体になってしまうのです。大切なことは、普段の食事を見つめなおし、その食生活にあったダイエット法をすること。次回のコラムでは、体を作る大切な三大栄養素を知り、正しいダイエット方法をお教えしていきます。(サプリメント専門店HEALTHY-One/管理栄養士)


-|2010年03月 |2010年04月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。