So-net無料ブログ作成

パナソニック、ポータブルナビ「Strada POCKET」にワンセグ録画機能を内蔵

 パナソニックオートモーティブシステムズは3月16日、ポータブルナビゲーションシステム「Strada POCKET」において、新製品5機種を発表した。ワンセグチューナを内蔵し、SDカードへの録画にも対応する。4月16日に発売する。 発表されたのは、7V型モニタの「CN-SP700VL-K」(カー用品ルートでの型番はCN-MP700VD-K)、「CN-SP700L-K」、(同CN-MP700D-K)2機種と、5V型モニタの「CN-SP500VL-K」(同CN-MP500VD-K)、「CN-SP500L-K」(同CN-MP500D-K)、「CN-SP300L-K」の3機種。いずれも全国1022都市の詳細地図情報と、2100万件の個人宅の電話番号データベースを収録した、8Gバイトのmicro SDカードを同梱する。 全機種ともに、地図情報を収録したmicroSDカード専用のスロットと、ワンセグ録画やSDカードに書き込まれたMP3/WMAの音声ファイル(CN-SP300は非対応)などを再生する、SDカードスロットを備えたダブルスロットモデルとなる。同社のデジタルレコーダー「DIGA」や、薄型テレビ「VIERA R」シリーズで録画したSD動画を持ち出して、再生することも可能だ。 いずれも、目的地付近で駐車場・コンビニ等を地図上に高速表示する「ランドマークセレクト」や「迂回ルート探索」機能を搭載。CN-SP700VL-KとCN-SP500VL-Kには、リアルタイムで渋滞が確認できるFM-VICSを備えた。 本体サイズは、7V型モデルが高さ108mm×幅195mm×奥行き29mmで重量508g、5V型モデルが幅139mm×高さ89mm×奥行き26mmで、重量が302gとなる。電源には内蔵リチウムイオン電池を使用。約3時間の充電で、3時間程度の連続使用が可能だ。地図情報は、年度更新データをウェブ配信する有償サービスを予定している。CN-SP700VL(店頭想定価格:8万円前後)CN-SP700L(店頭想定価格:7万円前後)CN-SP500VL(店頭想定価格:6万円台半ば)CN-SP500L(店頭想定価格:5万円台半ば)CN-SP300L(店頭想定価格:4万円台半ば関連記事ケンウッド、ワンセグ対応のDVD/USB AVメモリーナビ「AVENUE MDV-313」を発売 - 2009/11/30 20:03:01三洋電機、ポータブルナビ「Gorilla」に簡単吸盤取り付けキットの新モデル - 2009/09/17 18:59:01ソニー、ポータブルカーナビ「nav-u」に4.8型モデル--徒歩モードを充実 - 2009/09/18 15:23:01

ストラーダチューンで自分仕様に仕立て上げる楽しみを

写真拡大ストラーダチューンで自分仕様に仕立て上げる楽しみを 写真一覧(9件) 16日に発表されたパナソニックのAV一体ナビの主力モデル『ストラーダ』の「ミドルクラス」。ミドルクラスは2009年の秋に前モデルが出たばかりで、わずか半年でモデルチェンジとなる。外観こそ従来モデルを引き継いではいるが、カスタマイズ機能である「ストラーダチューン」の採用、40GBから60GBへのHDD容量増加、ロスレスリッピング機能の搭載、ステアリングスイッチへの対応など、アップデートのポイントは多岐にわたる。パナソニック オートモーティブシステムズ社国内マーケティングチームの加藤和彦氏によると、「2009年モデルのミドルクラスご購入者への調査によるとカーナビ初心者は約3割。9割以上の方には『満足』『やや満足』のご回答をいただいたが、地図の見やすさや文字の大きさ、オーディオの音質といった面でより機能向上を望む声が多かった」という。ナビの利用経験者も増え、ユーザーはより自分仕様のナビを求めるようになりつつある。そこで、パナソニックでは2010年モデルの狙いを“ナビを使いこなす層に向けての訴求”とした。具体的には、30 - 40代のクルマ好きに向けて、ルート探索・音声ガイド・地図のカスタマイズ機能を「ストラーダチューン」としてアピールしている。ストラーダチューンへのアクセスは、ナビ画面からワンタッチ。たとえば、ルート探索は有料道路や抜け道などの使用頻度を段階分けしてビジュアル的に表示。通常は深い階層にある設定系のメニューボタンをもっとも手に触れやすい部分に置いたり、イラストを多用するなどして、自分仕様に仕立て上げていくことの敷居を低くしている。

レンタルメールフォーム「Xform」が4/16以降に初期費用を改定

株式会社ラクス(本社:東京都新宿区 代表取締役:中村 崇則)は、当社の提供するレンタルメールフォーム「Xform(エクスフォーム)」(http://www.xform.jp/)のスタンダードプランとプロプランにおいて、2010年4月16日より下記の通り、初期費用を改定いたします。昨年12月にスタンダードプラン及びプロプランをリリース以降、当サービスは大変ご好評をいただいており、この度ご利用社数も3,000社を突破いたしました。 そこで、更なる設備増強によって、より安定したサービスをご提供するため、この度、下記のとおり、料金改定を実施させて頂くこととなりました。今後も品質の維持とサービスの向上に一層努力して参りますので、何卒、ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。 ■初期費用の改定について 2010年4月16日より、スタンダード(10フォーム)プランとプロ(30フォーム)プランについて、下記の通り初期費用を改定いたします。 改訂前(2010年4月15日まで) 【初期費用】 ライト   :3,150円 スタンダード:3,150円 プロ    :3,150円 【月額費用】 (年間契約) ライト   :840円 スタンダード:2,100円 プロ    :5,250円 (半年契約) ライト   :1,050円 スタンダード:2,625円 プロ    :5,833円 改訂後(2010年4月16日以降) 【初期費用】 ライト   :3,150円 スタンダード:5,250円 プロ    :10,500円 【月額費用】 (年間契約) ライト   :840円 スタンダード:2,100円 プロ    :5,250円 (半年契約) ライト   :1,050円 スタンダード:2,625円 プロ    :5,833円 2010年4月16日以降にお申し込みを頂いた分につきましては、改定後の初期費用となります。 ※ライト(2フォーム)プランの初期費用改定はございません。 ※月額費用の料金改定はございません。 ※料金改定前の2010年3月10日〜4月15日の間には、 両プランの初期費用無料キャンペーンを実施いたします。 キャンペーンについてはこちらをご覧ください。 >>> http://www.xform.jp/functions/ 今後も、より一層お客様にご満足いただけるサービスをご提供させていただけるよう一同、尽力してまいります。 【Xform(エクスフォームサイト)】http://www.xform.jp/ 【会社概要】 名 称:株式会社ラクス 本社住所 :東京都新宿区西新宿7-7-30 小田急柏木ビル5F 設 立:2000年11月 資 本 金 :1億4,985万円 代 表 者 :代表取締役社長 中村 崇則 【本件に関するお問い合わせ先】 株式会社ラクス 担当者: 田端夏子(たばたなつこ) T E L : 03-5348-8070 F A X : 0120-82-5348 e-mail: it-mkt@rakus.co.jp詳細はこちら

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。